タバコは生活習慣病になるリスクを高める

タバコも生活習慣病のリスクを高める大きな因子の一つです。タバコの成分はニコチン・タール・一酸化炭素・鉛・ヒ素など有害物質で満たされており、様々な体への悪影響を与えます。

 

これらの有害物質、特にニコチンやタールの分離分解や、アセトアルデヒドによって解毒を行う肝臓に大きな負荷とダメージを与えますし、タバコの煙が直接流れこむ肺にも大きなダメージを与えます。

 

肺ガンの発症率が高まることがよく言われていますが、同じくらい口腔ガンや尿路ガン、肝炎、肝硬変などの発症率を上げ、様々なリスクを高める行為だと言えます。口腔ガンの危険もあるため、歯磨きによる歯周病ケアはしっかり行いたいものですね。

 

さらに悪いことに、タバコに含まれるニコチンは依存性が強く、ニコチンの働きによってタバコに依存してしまう人が後を絶ちません。

 

タバコ依存症の患者が口をそろえて言うには、「タバコを吸うと頭が冴える、リフレッシュする、ストレス解消になる」とのことですが、実際には逆にニコチンが切れた状態だと頭が冴えず、ストレスが溜まるなど、ニコチン依存によって脳機能が衰えているだけのことで、自分がニコチン依存であることを告白していると同じことです。

 

またタバコの害には他の生活習慣上のリスクと共通するような、血管壁へのダメージ、心臓病(狭心症・心筋梗塞)リスクの増大、活性酸素増加による部位を問わないガン発生率の上昇などもあり、他の生活習慣も悪いと相乗効果で生活習慣病にかかりやすくなってしまいます。

 

タバコはまさに百害あって一利無しですので、すぐに禁煙すべきです。