小児生活習慣病の予防・対策

小児生活習慣病はまず間違いなく、親の健康に対する無理解によって発生しています。

 

乱れた食生活を送っていても通常30代以降に発症することの多い生活習慣病を子供が発症するということは、単純に言えば30年分以上の不健康な食生活を子供の数年〜10数年の短い人生のうちにさせたということです。そのため、親がきちんと食に関する基本的な知識を学び、食に対する意識を根本的に改革する必要があると言えます。

 

まず、子供のうちに発症する生活習慣病の原因は食事の中の脂質が多めだとか、食物繊維が少なめだとか、そういうレベルではなく、圧倒的に食事の総量が多すぎることにあります。

 

あるいは、食事ではなくおやつを無制限に買い与えていることによって発生している場合も多くあります。ですから、おやつは一切排し、食事の量は常に決まった量与えるようにし、最初はそもそも適切な量がどのくらいかもわからないのでしょうから、カロリー計算をして適切なカロリーと量を知るところから始めなければなりません。

 

また、運動も並行して行う必要があります。すでに肥満が進行している場合、食事を減らすだけでは対処しきれない場合が多く、それに肥満であっても成長期には様々な栄養が必要なことには変わりません。ですから運動によってエネルギーを消費していく必要があります。

 

また、偏りのでないように野菜嫌いな子どもには野菜ジュースを飲ませるようにし意識改革を始めていきましょう。野菜ジュースならこちらの美味しい毎日飲む野菜がおすすめですよ。

 

子供のうちに生活習慣病にかかると、その後一生涯にわたって傷んだ内臓をカバーしながら生きていかなければなりません。そのため親の責任は甚大です。子供の健康を第一に考えて食事などを作っていかなければならないのです。