生活習慣病の主な原因

生活習慣病はその名の通り、生活習慣によって引き起こされる病気です。その中でも特に大きな原因は、食生活の乱れ(偏食・食べ過ぎ)、運動量の少なさ、喫煙、飲酒、ストレスなどです。

 

特に食生活は最も直接的に生活習慣病を引き起こす因子となるため注意が必要です。

 

生活習慣病の中でも重症度の高い糖尿病・高脂血症・高血圧症・肥満などは全て第一に食事の内容が原因となって発生します。適度な運動を行ったりすることでリスクを低減することは可能ですが、まずは食事を見直すことが必要だということです。

 

また、嗜好品であるタバコやアルコールも非常に危険な因子です。特にタバコは癌のリスクを非常に高めます。タバコと言えば肺ガンばかりが取り沙汰されますが、実際には口腔ガンや尿路ガンなどの発生率も大きく上昇させます。

 

アルコール飲料の常飲も肝硬変などの重篤で不可逆的な臓器の破壊を引き起こし、気づいた時には内臓の状態はすでに手遅れだし、アルコール依存症にかかりお酒はやめられないし…と八方塞がりな状況に陥ることが多いです。

 

酒飲みはアルコールの危険性を異常なまでに過小評価しますが、アルコールによる体の変調に気づいた時にはすでに手遅れであるということを肝に銘じるべきでしょう。

 

運動不足も生活習慣病の原因として挙げられます。

 

ただ運動不足そのものが生活習慣病に直接結びつくことはほとんどなく、他のリスクある行動(例えば多少の過食など)に対し適度な運動がリスク低減してくれると考えておくといいでしょう。